パチンコで貯玉を順調に増やす



ホールによって許可している場合と許可していない場合に分かれますが、パチンコにおいて今回のゲームで余った玉(景品交換が出来ない程度の端数など)を預け、次回のプレイに持ち越すことが出来る「貯玉」と言うものがあります。 貯玉システムを利用することにより、次回プレイ時に若干お得になると言うことや、継続的に貯めて行く事によって換金性の高い景品交換も可能になると言う点が少ないメリットとして挙げられます。 ただし、ホールによっては一旦は貯玉は出来るものの、翌日以降の朝一のプレイ内容には持ち越せず、あくまで現金への景品交換の足しか当日と言う扱いの場合もありますので、ホールの継続利用を考えている場合は自分で確認しておきましょう。


パチンコ店による貯玉の便利な優遇制度



また、自分勝手に数字を変更できるハウスルールの貯玉制度はいかに有効な利用方法を考えるかと言った事も重要となります。 例えば、貯玉のうち、次回の来店時のプレイに持ち越して利用できるのは上限は3,000玉までと言ったような特別な利用制限がある場合や、貯玉も無料無制限で行えるわけでなく、次回使用時には若干の手数料として差し引かれる場合もあります。 扱うホールによって都道府県の条例の制度の範囲がかなり違うため、自分にとって使いやすい信頼できる近所のホールを自由に選ぶというのも選択肢の一つの方法です。 パチンコは1玉1玉に対して、1円〜4円の大切なお金を使っているわけですから、決して自己資金を無駄に出来る物ではありません。 安易に即座に全て全財産を使い切るより、明日へ持ち越す貯玉の有効制度を逆手に利用して効率よく日々のパチンコを心底楽しみながらお得に利用できる裏技の方法なども考案していくのも良いでしょう。 ただし、1円パチンコや2円パチンコのような低レートの場合は厳しいルールで貯玉が出来ない場合も多くありますので注意しましょう。